お風呂に入る時にはカラコンは外しましょう

カラコンは普段からファッションの一部として取り入れている方も多いと思います。
瞳の色をがらりと変えることで、イメージチェンジもできるカラコンですが、やはり洗顔するときやお風呂の時は外して入浴するのが基本です。
こちらは一般的なコンタクトレンズや眼鏡と同様ですね。
外さないと顔に水をかけたときに流れてしまう可能性が高いからです。
その時、外したカラコンは専用の容器に保存液を入れた物の中に入れて置きましょう。
いつ取り外すか解らないので、普段から容器を持ち歩いていると便利かと思います。
また、外したカラコンを再度装着するときは保存液などで一度ほこりなどを洗ってから目に入れた方がより目にとって良いかと思います。