クレジットカード審査延滞履歴は残りますか?

クレジットカードにおける延滞履歴とは、引き落とし日に残高不足で引き落とせなかった場合(これを遅延と言います)に、カード会社から電話連絡を入れたにも関わらず2回目の引き落とし日でも引き落とせなかった時に「延滞」と言います。
支払が延滞扱いになると、延滞金が発生するばかりでなく延滞記録が残ります。
クレジットカード会社によって回数の規定が異なりますが、延滞が何回かあると信用情報機関に事故歴として延滞履歴が記録されます。
信用情報機関に事故歴が付くと、クレジットカードの入会審査が非常に不利になります。
「株式会社シーアイシー(CIC)」と「日本信用情報機構(JICC)」には5年間、「日本銀行個人信用情報センター(KSC)」には10年間、記録が保持されます。