消費者金融の審査に通りたいなら

消費者金融の審査では融資限度額を決定しているのですが、その決定は必ずしも自身の収入や申込書から算定された支出だけでされているわけではありません。
別に無担保融資があったり、クレジットカードのキャッシング枠があればその金額は融資限度額から引かれてしまいます。
消費者金融の融資限度額は、貸金業法で収入の3分の1と制限されていますが、既に貸付があれば当然限度額も圧縮されるのです。
審査では個人信用情報機関から既存の借入情報を入手しますから、ウソを書いてもバレてしまいますので申込書は正直に書いた方がいいのですが、申込前に自分で年収の3分の1からどれだけの金額が差し引かれてしまうのかを試算した方がいいでしょう。