住宅ローンの返済に関する相談は?

住宅ローンを組む際に一つの指針となるのが「借りることができる住宅ローンを組むのではなく、ムリなく返せるプランで組む」というポイントがあります。
多くの金融機関では借りれる場合には高いローンを勧めてくるものです。
しかし、それが実際のところ返済しやすいプランなのかどうかというのは、金融機関の住宅ローン相談では教えてくれません。
それで、自分で返済負担率がどのくらいになるかや将来のライフプランも見据えて返済プランを考える必要があります。
このポイントは自分で考えて決めるしかありません。
理想的な返済負担率は手取りの25%と言われています。
また、子どもが何人いて何年後に教育費の出費が多くなるかなども考えて住宅ローン相談に望むことが大切です。
http://www.jutakuloan-shinsa-toranai.com/